リウマチ科|尼崎市杭瀬の吉良整形外科医院


リウマチとは

関節リウマチは、自己免疫疾患の1つと言われており、全身の様々な関節に炎症がおき、痛みやはれを引き起こします。症状が進行すると骨や軟骨の組織が破壊されて関節に変形・脱臼が起こり、関節を動かせる範囲が狭くなり歩けない、物を持てないなど日常生活に困難が生じてきます。

以前は、リウマチになると、関節の変形が進んで寝たきりになってしまうことも多く、不治の病とも言われていましたが、ここ数年の生物学的製剤の発展により治療効果は顕著で、10年前とは比べ物にならないほどに進化しています。

リウマチは、かつては、発症から10年以上が経過して関節破壊が生じると考えられていました。しかし、最近では関節破壊は発症早期より急速に起こることがわかっており、早期診断と治療により骨や軟骨の破壊が始まる前に進行を抑えることが何より重要です。気になる症状がある場合は、お早めにご相談ください。

このような症状の時はご相談ください

発症は、年配に多いと思われがちですが、実際はどの年代でも起こり特に30~40歳代の発症が一番多く、その中でも4対1で女性に多く発病します。初めは倦怠感、食欲不振、発熱などの症状があります。その後、手指関節が腫れたり、朝に「こわばり」と言って、手や足の指関節がこわばって動かし難い状態になるのが関節リウマチのよくある初期症状です。

次のような症状がみられるときは、リウマチの前兆かもしれません。
気になる症状がある場合は、お早めにご受診ください。

・朝に手や足の指関節がこわばって動かし難い状態になる
・膝関節や股関節など全身の関節のあちらこちらが痛む
・手足のしびれ、痛みがある
・全身の倦怠感がある
・微熱が続く

朝におこるこわばりとはどんな症状?

リウマチの初期症状として、「朝のこわばり」と呼ばれる症状があります。
これは、朝起きた時に手、指などの関節がつっぱって、思うように曲げにくくなるのですが、しばらく動かしていると普通に動かせるようになります。
他の疾患でも朝のこわばりがみられる場合がありますが、1時間以上続くような場合はリウマチの可能性があります。

治療について

リウマチが疑われる場合は、血液検査やレントゲン検査から関節リウマチかどうかの診断を行い、関節リウマチと診断された場合は、早期に抗リウマチ薬や非ステロイド抗炎症剤を基本とした薬物療法を行います。症例によっては、ステロイド剤や免疫抑制剤、生物学的製剤での治療を行いますが、これらの薬は免疫という身体にとって大変重要な機能に影響する薬ですので、副作用には十分注意しながらの投与を行います。


つらい痛みに対しては非ステロイド系消炎鎮痛剤などを使用し、また物理療法や運動療法で患部を温めたり動かすことによって、こわばりや痛みを軽減したり、また、関節に障害や変形をおこしている場合は、外科的手術も検討いたします。
入院による手術が必要となった場合は、迅速に適切な病院をご紹介いたします。