院長考案リハビリ機器|尼崎市杭瀬の吉良整形外科医院


院長がこれまで考案して製品化したリハビリ機器をご紹介いたします。

膝快動

前面で簡単に荷重調整できる訓練器です。
適応症

変形性膝関節症
関節リウマチ
関節拘縮
大腿四頭筋委縮
半月板障害
術後の運動療法





1


  ノブネジを上限に移動し荷重を変更します。
2


  フックにロープをかけると荷重が増加します。
3
  キック部の位置は、足首の位置に合わせてノブネジでしっかりと固定してください。 1つの重りで右足・左足別々に負荷をかけています。
滑車自動運動訓練機です。
適応症

変形性膝関節症
慢性関節リウマチ
半月板障害
関節拘縮
四肢筋委縮
術後の運動療法




特色
・可動式・計量のため設置と移動が簡単にできます。
・1度に3人までの訓練が可能です。
・取扱いが安全で容易なため、介助が不要です。
・重垂ベルト着用訓練と比べ治療効果が優れています。